読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政局のはなし(政局速報)

マア、政策の話は抜きにして、政局の話をしようや

今村復興大臣の辞任→後任は吉野正芳議員か

今村雅弘復興大臣(衆7期・比例九州、二階派)が二階派のパーティの挨拶で「(震災は)東北でよかった」発言をして更迭される事態になった。先日のブチギレ記者会見から3週間ぶり2回目のチョンボである。 先日の記者会見での「自主避難している人は自己責任…

麻生派と山東派の合併で山東昭子氏は参院議長になれるのか?

昨日、自民党の麻生派の派閥のパーティがあったようで、マスコミ各社はこぞって自民党内の派閥の話を報道している。このブログでも何度も取り上げている通り、麻生派は山東派や谷垣派に合流のオファーを出すなど、昨年からかなり活発に動いている。毎日新聞…

小池氏・都民ファーストの会の焦り

都民ファーストの会・代表の野田数(のだ・かずさ)氏のインタビューが毎日新聞に掲載されている。毎日新聞も煽り立てるように「離党ドミノはむしろ自民」と野田氏の言葉を引用したタイトルをつけているが、政局ウォッチャーとしてみれば、離党ドミノどころ…

長島昭久氏の離党で確実にひとつ言えること

民進党の長島昭久衆議院議員(5期・東京21区比例復活)の離党の報道をウォッチしている。マスコミとしては何とか小池新党とくっつけて報道したいんだろうなというのがミエミエだが、一方の長島氏はくっつけられて報道されてはたまらないと、離党の原因は「共…

民進党・長島昭久衆議院議員の離党で、すわ小池新党か?

長島昭久衆議院議員(5期・東京21区、比例復活)が民進党を離党することを発表した。長島氏の思想は保守で、野党の中でも外交防衛分野で定評のある政治家だ。選挙も強く、自民党の政権復帰を成し遂げた2012年の総選挙でも小選挙区で議席を守った。この選挙で…

民進党・松野氏がグループ立ち上げ

もはや取り上げる意味もあるか不明だが一応。民進党の松野氏らが新しくグループを立ち上げた。創新会というらしい。 グループを立ち上げた松野頼久衆議院議員(6期・熊本1区比例復活)、松木謙公衆議院議員(4期・北海道2区比例復活)らは自由党*1の小沢一郎…

麻生氏が谷垣氏に手紙

手紙を送るだけでニュースになるんだからすごい。 麻生氏が谷垣氏に手紙 自民党再編が本格化(日テレニュース24) ニュースによれば、谷垣派に加えて、山東派も合流調整中らしい。山東派を巡っては、昨年一時期、合流話があったが、派閥の会長の山東昭子参議…

都民ファーストのファーストスキャンダル報道は平愛梨の弟

都民ファーストの会の公認候補予定者の平慶翔氏はイケメン、若い、平愛梨の弟ということで、定数4の板橋区選挙区では当選が有力視されている。 そんななか、今日発売の週刊新潮で平氏の前職の下村博文事務所を金銭がらみで解雇され、その後自民党の衆院候補…

今村復興大臣の謎切れは誰にキレたかよりも内容が悪すぎる

今村雅弘復興大臣(衆7期・比例九州、二階派)が記者会見でフリージャーナリストに「出ていけ」「二度と来るな」などの暴言を吐いて、その後あっさり「ちょっと感情的になってしまいまして」と謝罪した。前後のやり取りもみても、キレどころがわからない。謎…

蓮舫氏の衆院鞍替えは選挙区調整でモメそうだよね

民進党代表の蓮舫参議院議員(参3期、東京選挙区)の衆院への鞍替え話は数年前にもあった。当時は東京6区(世田谷区)に民主党候補者がおらず、蓮舫なら議席を得られるだろうから鞍替え、みたいな話だった。この鞍替え話は2014年の総選挙に際して民主党と維…

揺れる自民党額賀派(平成研究会)【自民党派閥あれこれ】

民進党をはじめ野党に全く元気がない現在、政党間による権力争いではなく、自民党内の派閥間で、政権をねらう動きが活発化している。 今一番活発に動いているのが麻生太郎副総理兼財務大臣(衆12期・福岡4区)率いる麻生派(為公会)だ。今年2月に甘利明衆議…

与野党国会議員で薬物疑惑報道

日刊ゲンダイで自民党の有力議員に覚醒剤疑惑が報じられ、つづいて東スポで野党議員の大麻吸引疑惑がでた(下部にリンクあり)。こうしてポンポンと立て続けに議員の薬物報道がでるのも珍しい。 議員と薬物関連では、中国で覚醒剤を所持しているとして拘束さ…

森友学園の問題は空気を読むことに長けた役人の物語だった。

恥ずかしながらこの一連の騒動で「忖度(そんたく)」という言葉を初めて知った。今年の流行語大賞も狙えるだろう。委員には是非この気持ちを忖度してほしい。 さて先週の森友学園の籠池理事長の証人喚問から時間がたった。問題の舞台は経産省から総理夫人付…

森友学園、問題の行方はワイドショーが決める

森友学園の籠池理事長の国会での証人喚問がおわった。印象としては籠池理事長は質問に対してオドオドすることなく、ハキハキと答えていた。プレゼンテーションの効果なのか、何度も何度も「安倍昭恵夫人から100万円の寄付をいただいた」と堂々と証言されると…

石原宏高議員、コンビニの朝飯まで政治資金計上

政局でももはや何でもないが、今日発売の週刊文春に石原宏高衆議院議員(3期・東京3区、石原派)が朝にコンビニで買うパンやコーヒーの代金を、自身が代表者である自民党支部で計上をしているという記事がでている。豊洲の問題がなければ石原慎太郎氏も着目…

白石徹議員死去につき愛媛3区で補欠選挙になる見込み(10月29日投開票)

さる17日、愛媛県第3選挙区選出の白石徹衆議院議員(自民・2期、麻生派)が死去。10月29日(日)に補欠選挙になる見込みとなった。 白石氏のことは訃報で初めて知ったが、60歳というから若い。補選の規定では3月15日までになくなると4月の第4日曜日に行われ…

森友学園問題について船田元議員が再度発信

先日の朝日新聞に続き、今日発売のサンデー毎日でも船田元衆議院議員(11期・栃木1区、額賀派)が森友学園の問題についてインタビューに答えている。 内容はほとんど先日の朝日新聞に掲載されたものは同じで、自身の学校経営の経験から、(森友学園の)国有…

衆院4月解散説

3連休でネタがないのか、産経新聞が月内解散説が与党にくすぶっていると報じている。(与党にくすぶってても解散を決めるのは総理だから何の意味もないんだけど) 解散説は常にある。昨年の秋ごろにささやかれていたのが、12月にプーチン会談後に北方領土に…

籠池氏証人喚問のポイントは新しい政治家の名前が出てくるかどうか

昨日の森友学園の籠池理事長発言(安倍総理から100万円寄付があった)で来週23日、国会での籠池理事長の証人喚問がきまった。 証人喚問でのポイントは、これまで名前が出てきた政治家以外の新しい名前(例えば麻生財務大臣など)がでてくるかどうかだ。今ま…

安倍総理から森友学園に100万円の寄付では倒閣に至らない

森友学園・籠池理事長が安倍総理から(夫人を介して)100万円の寄付をもらったと院の調査団に語ったそうだ。一件ヤバそうなネタではあるが、この話では倒閣には至らない。 今まで籠池氏のズルさや胡散臭さをさんざん報道しといて、この発言だけ信じろという…

稲田朋美防衛大臣の爆弾は森友ではなく日報だった

人間、運の弱ってるときは、続々と悪いことがやって来るものらしい。森友学園問題で結果として事実と異なる答弁をした稲田朋美防衛大臣(4期・福井1区、細田派)。今度は南スーダンの自衛隊の日報問題でまた炎上しそうだ。 この南スーダンの日報問題、すこし…

旧維新の党、江田系と松野系が民進党内で分裂

もはや追っかける意味もあるのか不明だが、民進党内で旧維新の党系の派閥が分裂した。 民進・江田憲司代表代行が新グループ結成 旧維新は完全に分裂 - 産経ニュース すでに1月に松野頼久衆議院議員(6期、熊本1区)が党内で新しい派閥を作ると報道があって、…

稲田大臣、結果的に虚偽答弁になってしまったがどうなるか

森友学園の籠池理事長とは関係がないと言った稲田朋美防衛大臣(衆4期・福井1区、細田派)の答弁が事実ではなかったらしい。 国会で大臣がウソの答弁して、すぐに露見したケースというのはあまり記憶がない。気になるのはこれがもとで辞任になるかどうかだ。…

都民ファーストの会は今のうちに都議団の規約をビシっと決めたほうがいい

今日発売の週刊ポストに都議選の議席予想がでていたが、すごい内容だった。 なんでも小池新党が都議選で定数127のうち58議席前後を取るという。都民ファーストの会は現有5議席だから10倍以上の大躍進だ。予測では定数1の選挙区はもとより、定数3の選挙区では…

民進党 党大会、全く政局の中心に出てこれない状態

ここにきて5月、6月解散説(都議選同日)がウワサされるようになってきた。だけど、これら解散政局の中心は「小池」であって、政局に民進党の影はまったくない。森友学園の話も予算委員会中に持ちあがった話で、突き詰めれば倒閣まで行きそうな素材ではある…

公明党・都民ファーストの会の相互推薦で議席はどうなるか

7月の都議選で定数1、または定数2の選挙区で公明党と都民ファーストの会は候補者を相互推薦するそうだ。相互、といっても公明党が出すのは荒川区(定数2)だけで、ほかの選挙区に関しては都民ファーストが候補者をだせば、それを公明党が推薦をすることに…

麻生グループ企業で不正処理(麻生鉱山)

九州の有力企業の麻生グループ傘下の麻生鉱山で不祥事が発覚。廃棄物処理をする際は後追いができるようマニフェスト(伝票)を義務付けているが、それも偽装していたという点で悪質だ。 麻生鉱山:廃棄物処理法違反で業務停止処分へ 北九州市 - 毎日新聞 規…

森友学園問題、自民党から火のでる怪

昨日発売の週刊新潮に、森友学園の問題が大きく炎上したきっかけとなった共産党の質問は鴻池祥肇参議院議員(4期・衆2回・兵庫県選挙区、麻生派)サイドから共産党に進んで情報提供があった、その理由は鴻池議員が側近として使える麻生太郎財務大臣(12期・…

おんぶ政務官の辞任

視察に長靴を忘れておんぶしてもらった務台俊介内閣府政務官(衆2期・長野2区、麻生派)が、おとといのパーティーで「長靴業界が儲かった」と失言して、きのう政務官を辞任した。後任は麻生派で枠を守って長坂康正衆議院議員(2期・愛知9区)。 失言で政務官…

自民党内はゆるみきっているのか(中川俊直議員・前川恵議員の不倫疑惑)

自民党の中川俊直衆議院議員(2期・広島4区、細田派)と同じく自民党の前川恵衆議院議員(1期・比例東京、無派閥)の密会が今日発売のフライデーに掲載された。 記事の内容は中川氏と前川氏が仲睦まじく食事をして、深夜に前川氏の(料理研究家としての)オ…

二階→茂木に激オコ報道が続くワケは

人間関係のほころびはちょっとしたことで起こる。政治の世界の大部分が人間関係で形成されているとすると、軽口が始まりで大きな地殻変動が起こることがある。 先月9日の週刊文春で二階俊博自民党幹事長(11期・和歌山3区)に「老人特有の症状」がでていると…

小泉進次郎が仕掛ける政局

小泉進次郎衆議院議員(3期・神奈川11区)が自民党の農水部会長になって以降、農政は揺れに揺れながらなんだかんだでいい方向に進んでいると思う。つまり、農業はこのままではダメだというのは(農林族も含め)みんなわかっている*1、だけど族議員は利権を守…

谷垣グループの分裂2

先日麻生派の分裂をエントリーしたが、3月5日の産経新聞で続報、というよりかはまとめた記事が掲載された。 www.sankei.com 記事によると入院中の谷垣氏が親族としか面会しないため、麻生派との合流を巡って本人の意思を直接確認できず、それが分裂につなが…

自民党 比例73歳定年制の撤廃で何が変わるのか

昨年、自民党人事で二階幹事長に変わってから、73歳以上の衆院候補は比例重複を認めないとしている現行制度を撤廃しようという動きがある。いままで老人になると比例復活の制度が使えなかったけど、これからは一億層活躍社会だから高齢議員も比例復活をOKに…

谷垣グループも分裂→一部が麻生派へ

政治の世界は本当に何が起こるかわからない。谷垣グループ(有隣会)は小所帯(衆12人・参1人・ほか掛け持ち複数名)ながら、会長の谷垣禎一衆議院議員(さだかず、12期・京都5区)が幹事長という要職にあり、谷垣氏に対しての忠誠心、というよりも同志とし…

結局のところ茂木敏充政調会長はポスト安倍になれるのか

最近、茂木敏充 自民党政調会長(衆8期・栃木5区、額賀派)が悪目立ちをしている。 茂木氏といえば、マッキンゼーから政界入りした切れ者で、経産大臣、党選挙対策委員長、政調会長と要職をこなし、キャリアから言えば将来の総理候補といえる。しかし、秘書…

安倍総理は森友学園追及を逃げ切れるか2

森友学園関連の疑惑のヤマは「政治家の関与」の有無であって、思想教育や安倍昭恵夫人に話を広げると、論点が伸びきって追及は頓挫すると先日指摘したが、昨日、そのヤマの「政治家の関与」について大きな動きがあった。 共産党の小池晃参議院議員(3期・全…

塩村文夏(あやか)都議、次期衆議院選で民進党から立候補

塩村文夏都議(1期・世田谷区選挙区)が次期衆院選で、民進党から広島3区から立候補すると表明した*1。 広島3区の河井克行首相補佐官(当選6回・無派閥)は自民党内でアメリカ通というキャラを確立しており、TPP交渉だったり、大統領選前後にも渡米して情報…

安倍総理は森友学園追及を逃げ切れるか

昨日2月27日に衆院で29年度本予算が本会議で可決された。今回の予算委員会は稲田朋美防衛大臣(福井4区・当選4回)の日報問題、金田勝年法務大臣(秋田2区・衆3回、参2回)のテロ等準備法案の答弁、そして森友学園が政権追及の材料だった。個人的には稲田大…

安倍総理-菅官房長官ラインは終わるのか

昨年の内閣改造・自民党役員人事以降、二階俊博幹事長を中心に党の力が強まっているのは周知の事実だ。 反面、影が薄くなりつつあるのは菅義偉官房長官(神奈川2区・当選7回・無派閥)。今思えばの話だが、菅官房長官のほころびの始まりは昨夏の参院選で、お…

無所属議員の自民党政調会出席のはなし

自民党会派入りした無所属議員が自民党の政調会部会に出席が可能になった件について、産経に小泉進二郎氏のインタビューが載っていた。いまさら感があるが。 【政界徒然草】自民部会に無所属議員の出席を小泉進次郎氏が認めたくないワケ 「産経の社説をフリ…

高まる内閣支持率と小池期待

月一回の世論調査による内閣支持率は 読売新聞 66%(5ポイント増) 産経・FNN 58.8%(1.8ポイント減) 毎日 55%(変化なし) 一週間前に発表された時事・共同は共に約2ポイントの増の53%、61%だった。 世論調査は調査によって10ポイント以上支持率…

蓮舫、また連合ともめる

予算審議期間中にもかかわらず全く存在感のない民進党だが、また連合とガタガタやってるようだ。 連合、蓮舫降ろし開始 「原発ゼロ前倒し」根回しなしに反発 産経新聞 2/17(金) 民進党の蓮舫代表が崖っぷちに立たされている。次期衆院選の公約として検討中の…

甘利明元大臣 麻生派いりの余波

今週は文春も新潮も甘利明元大臣らが麻生派した影響を報じている。麻生派は甘利氏らを受け入れ自民党内第三派閥になった。派閥内には有力なプリンス(ポスト安倍)がいない中で、麻生太郎氏自身が総理を目指しているとも聞こえているが、果たして……? 「甘利…