政局のはなし(政局速報)

マア、政策の話は抜きにして、政局の話をしようや

塩村文夏(あやか)都議、次期衆議院選で民進党から立候補

 塩村文夏都議(1期・世田谷区選挙区)が次期衆院選で、民進党から広島3区から立候補すると表明した*1

 広島3区河井克行首相補佐官(当選6回・無派閥)は自民党内でアメリカ通というキャラを確立しており、TPP交渉だったり、大統領選前後にも渡米して情報収集をしている。安倍総理の側近の一人と言われている。松下政経出身。

 選挙も弱くはない印象だったが、2009年までは増原義剛氏とのコスタリカだった上、その2009年では民主党候補相手に比例復活もできずに自民候補が負けている。

 着目すべきは選挙区と塩村氏との相性だ。選挙区の票田である広島市安佐南区では、無所属のアナウンサーが市議選でトップ当選していたり、同区の県議選では40代の小奇麗な女性(自民・4期)がトップ当選、安佐北区では30代の元モデル(自民・2期)が現職でいる。女性議員は二人とも29歳で初当選している。塩村氏を受け入れる土壌は十分にあるだろう。逆によくこんな選挙区よく見つけたな。

 塩村氏は実父らが約2億円の損害賠償を払っていないというスキャンダル*2を抱えているが、一方でセクハラ野次の被害者という知名度に加え、相手の河井補佐官は昨年文春で秘書や役人に対する「パワハラ」報道*3がされている。セクハラの次はパワハラ被害者になるのか。

河井氏としては手ごわい相手だろう。