読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政局のはなし(政局速報)

マア、政策の話は抜きにして、政局の話をしようや

森友学園問題、自民党から火のでる怪

額賀派 麻生派 朝日新聞 週刊新潮

 昨日発売の週刊新潮に、森友学園の問題が大きく炎上したきっかけとなった共産党の質問は鴻池祥肇参議院議員(4期・衆2回・兵庫県選挙区、麻生派)サイドから共産党に進んで情報提供があった、その理由は鴻池議員が側近として使える麻生太郎財務大臣(12期・福岡8区)にまだ総理への色気があり、この政局で倒閣すれば、麻生氏に目があるからだという記事があった。

 読んだ時はそこまではちょっとなぁとおもったが、今朝の朝日新聞に船田元衆議院議員(11期・栃木県1区、額賀派)が森友学園についての政府の対応を批判的に語っている記事が出ており、おやと思った。

 船田氏いわく、森友学園の国有地取得のスムーズさを見る限り「特別な力」が加わった可能性が極めて高い、とかなり踏み込んだ発言をし、学園の籠池理事長の参考人招致も選択肢の一つ、と党の方針とは異なった考え方を披露している。

 自民党は内部での議論はトコトンするが、こうしてメディアをはじめ外に向けての異論の発信は嫌うので、船田氏の発言は異例だといえる。船田氏は作新学園の経営者なので、もしかすると同業者としての義憤なのかもしれないが、一方で政治家特有のポジショントークの可能性もある*1。いずれにせよ、与党のベテラン議員(鴻池・船田)がこの問題を燃え広がる方向へプッシュしている感があり、今後あらたに与党内から動きがあるかもしれない。

(参考)

自民・船田氏「特別な力学働いたと…」 森友問題に言及:朝日新聞デジタル

森友学園の異常さ | 船田 元 公式WEBSITE

週刊新潮』2017年3月16日号
 「謀略!? 共産党と組んだ「コンニャク会見」は「安倍潰し」」
 「籠池理事長」が籠絡したい本命は「麻生財務相」だった」

*1:もしかすると憲法審査会でヘマをして会長を辞めさせられた腹いせもあるかもしれない