読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政局のはなし(政局速報)

マア、政策の話は抜きにして、政局の話をしようや

稲田朋美防衛大臣の爆弾は森友ではなく日報だった

 人間、運の弱ってるときは、続々と悪いことがやって来るものらしい。森友学園問題で結果として事実と異なる答弁をした稲田朋美防衛大臣(4期・福井1区、細田派)。今度は南スーダン自衛隊の日報問題でまた炎上しそうだ。

 この南スーダンの日報問題、すこし事情が分かりづらい。というのも同じような話がちょうど1か月前も報道されているのだ。話をまとめると以下のようになる。

  • 2016年10月、ジャーナリストの布施祐仁氏が7月の南スーダンの日報について情報公開請求をする
  • 2016年12月、防衛省が「破棄したから不存在」と回答する
  • 自民党河野太郎衆議院議員(7期・神奈川15区、麻生派)が絶対あるはずとして再度調査を指示*1する。
  • 2017年2月防衛省統合幕僚監部にデータがありましたとして一部情報を公開。→この時点で一度大きく報じられる
  • 2017年3月(今回)統幕だけではなくて、陸自にもありました、さらに削除指示がでてました?と報じられる

 とまあ、こんな流れだ。ポイントは河野太郎氏の動きで、彼が再調査を指示しなかったらうやむやになって終わってたかもしれない。河野太郎氏は3月10日発売の『文芸春秋』4月号にも「文科省国立大「現役出向」241人リスト」なる記事を寄稿しており、「この人、与党なのに大丈夫なの?」と思うくらい外に向けて政府の問題点(天下り)を指摘している。

 森友問題でも河野氏と同じ麻生派鴻池祥肇衆議院議員(4期・衆2回、兵庫県)が共産党に情報提供するなど相当ブッコんでるし、うがった見方をすれば、麻生派議員がいろいろと油をまいてる?とも想像ができる。とにかく森友、南スーダンの日報、と2つとも自民党議員のバックアップが火に油を注いで政局案件に発展している*2

*1:

南スーダンPKO 「日報あった」 河野太郎議員

*2:鴻池議員のブッコミは麻生大臣を守るため?という説もあるが。