読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政局のはなし(政局速報)

マア、政策の話は抜きにして、政局の話をしようや

森友学園問題について船田元議員が再度発信

サンデー毎日

 先日の朝日新聞に続き、今日発売のサンデー毎日でも船田元衆議院議員(11期・栃木1区、額賀派)が森友学園の問題についてインタビューに答えている。

 内容はほとんど先日の朝日新聞に掲載されたものは同じで、自身の学校経営の経験から、(森友学園の)国有地の取得のスピードが不可解に早い、国有地の値引きはありえず、籠池理事長の背後に政治家がいるのではないかというものだ。

 純朴な(?)栃木人の船田氏と、押しの強そうな関西人である籠池氏のキャラの違いはあるものの、それを差し引いても船田氏の指摘はそうなんだろう、と思わせる。

 同記事では藤井裕久元議員(衆2012年引退)も国有地の取得にコメントしており、いわく、役人は前例を無視しての融通しない。まっとうな理財局長だったら財務大臣に相談するだろう、と暗に麻生財務大臣を示唆してるような発言になっている。なお、藤井元議員は大蔵官僚出身、財務大臣経験者で、役人の行動原理はよくわかっているだろう。

 船田氏の発言は至極まっとうで、どうまっとうかと言えば、国有地の取得に政治家がかかわったのではないか、という森友学園問題の核心部分を指摘しているからだ。

 国会で野党が攻めている名誉校長の安倍昭恵夫人やら、100万円の寄付やら、愛国教育やらは枝葉の部分で、この核心部分を追及していく必要がある。逆に論点のウイングを広げると、議論が散漫になってうやむやで終わるよ。

(参考)
サンデー毎日』4月2日号「サンデー時評/藤井裕久、船田元が森友疑惑の核心を糺す-崖っぷち安倍政権」

(↓先日、船田議員の朝日新聞インタビューを書いた記事)

seikyoku.hatenablog.com