政局のはなし(政局速報)

マア、政策の話は抜きにして、政局の話をしようや

森友学園、問題の行方はワイドショーが決める

 森友学園の籠池理事長の国会での証人喚問がおわった。印象としては籠池理事長は質問に対してオドオドすることなく、ハキハキと答えていた。プレゼンテーションの効果なのか、何度も何度も「安倍昭恵夫人から100万円の寄付をいただいた」と堂々と証言されると、こちらまで、あれ、寄付は本当なのかな、もしかするとアッキーがウソついてんのかな、と思ってくるから不思議だ。証人喚問後に昭恵夫人facebookで寄付金について「その旨の記憶がない」という表現で否定しているのも引っかかる。なんで、もっと強い表現で否定しないのだろうか。

 結局のところ、籠池証言によって今後については3つの方向が固まった。

  1. 東徹参議員ー松井大阪府知事への批判・責任追及
  2. 安倍昭恵夫人との証言のズレの追求と、おつきの経産省職員を通じての口利き疑惑
  3. 自民党柳本卓治参議員への事実確認・追及

 1について、今日の喚問では自民党はなんとしても維新(大阪府)への責任追及に誘導したいんだな、と思うような内容だった。午前中トップバッターの自民・西田昌司参議院議員(2期・京都、無派閥)は「問題の本質は、資金が足りないのに小学校建設を認めた大阪府の対応」と問題のすり替えをしていた。どう考えてもこの問題の核心は「土地取得について政治家の関与があったかどうか」だ。ただ、あれだけ松井知事の名前が出てくる以上、舞台は大阪府の対応に移るかもしれない。

 一方の野党は昭恵夫人と籠池理事長との発言の整合性を攻めてくるだろう。100万円の寄付はそれ自体は問題にもならないくらいの小さな話だが、「小学校の建設に私か妻がかかわったのなら、議員も総理もやめる」といった安倍総理の発言と、偽証も問われる証人喚問という重い場で証言した籠池理事長の発言に対して、昭恵夫人facebookだけでいいのか、という話にもなるだろう。

 3については早くもコメントで事実を否定したし、スルーされそうな感じ。確かに柳本卓治参議院議員(1期・衆6回、二階派)といっても誰?という感じで燃え上がらなそうだ。

 最近炎上している森友学園豊洲の問題は、ニュース番組ではなく、ワイドショーで取り上げられて燃え広がっている。昨日の証人喚問を受けての反応も、新聞や21時-23時代の報道番組ではなく、むしろ朝昼のワイドショーの報道のされ方で今後の行方が決まる。