読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政局のはなし(政局速報)

マア、政策の話は抜きにして、政局の話をしようや

麻生氏が谷垣氏に手紙

 手紙を送るだけでニュースになるんだからすごい。

麻生氏が谷垣氏に手紙 自民党再編が本格化(日テレニュース24)

 ニュースによれば、谷垣派に加えて、山東派も合流調整中らしい。山東派を巡っては、昨年一時期、合流話があったが、派閥の会長の山東昭子参議院議員(参7期、全国比例)が乗り気ではないと、立ち消えになっていたと思うが、ここに来て再度の合流説が復活している。

 谷垣氏は昨年の自転車事故のケガのリハビリ中で、親族の秘書しか面会ができない状態で、その病状は「歩行器を使えば歩ける」、「箸は使えないがスプーンを使って自分で食事をとれる」、「頭は完全に動いていて、タブレットを使って情報収集している」などの話が漏れ伝わっている。そんな中で派閥の存続を巡って、派閥のパーティー(一人2万円のチケットを数千人に売る)をするかどうかでもめて、派閥幹部の佐藤勉衆議院議員(7期・栃木4区)ら数人が脱会意向と3月に報じられた。

(参考)谷垣グループも分裂→一部が麻生派へ - 政局のはなし(政局速報)

 派閥のパーティーをした後に「合流」というのも支援者からは理解の得られない話だから、麻生氏としてはなんとしてもパー券を売り出す前に話をつけておきたいのだろう。あるいは本心としては「合流」という高めの球を投げておいて、佐藤勉氏ら数人の受け入れを認めさせるという落としどころを持っているのかもしれない。