読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政局のはなし(政局速報)

マア、政策の話は抜きにして、政局の話をしようや

与野党国会議員で薬物疑惑報道

 日刊ゲンダイ自民党の有力議員に覚醒剤疑惑が報じられ、つづいて東スポで野党議員の大麻吸引疑惑がでた(下部にリンクあり)。こうしてポンポンと立て続けに議員の薬物報道がでるのも珍しい。

 議員と薬物関連では、中国で覚醒剤を所持しているとして拘束された愛知県の稲沢市議や、横浜で逮捕された神奈川県の葉山町議がいる。国会議員では2005年に旧民主党小林憲司氏(逮捕時落選中、愛知7区・当選2回)が覚醒剤で秘書もろとも逮捕されているが、逮捕時は落選中でタダの人であった。落選した1週間後に逮捕されているから、現職の国会議員を薬物で挙げるのは難しいのかもしれない*1

 国会議員は会期中の不逮捕特権があるが、葉山町議のような現行犯の場合は普通に逮捕される。以前、六本木で女性に抱き着いて現行犯逮捕された自民党中西一善衆議院議員(2005年当時。当選1回・東京4区)は夜更けの取調室で「私には不逮捕特権がある」とすごんだとか、すごまなかったとか。

 とにかく政治家や政党は新聞の「社会面」に載ると大打撃を受ける。これは森友の話も同様だが、日頃、手なずけている政治部の記者であれば政治家に対しての手心もあるだろうが、社会面を担当するのは「一度限りの関係」である社会部の記者やワイドショー記者で、彼らは政治家に遠慮がない。現段階ではタダの与太話に過ぎないが、本当に逮捕されるようなことがあれば、それなりの政局になる可能性がある。補選にはなるだろうし。

 

(参考)

自民現役国会議員の逮捕情報に続き衝撃!野党有力議員にも薬物疑惑 (東スポweb)

www.nikkan-gendai.com

*1:そういえば去年逮捕された高樹沙耶氏も落選してから逮捕された。当選してたらどうだったんだろうね