政局のはなし(政局速報)

マア、政策の話は抜きにして、政局の話をしようや

揺れる自民党額賀派(平成研究会)【自民党派閥あれこれ】

 民進党をはじめ野党に全く元気がない現在、政党間による権力争いではなく、自民党内の派閥間で、政権をねらう動きが活発化している。

 今一番活発に動いているのが麻生太郎副総理兼財務大臣(衆12期・福岡4区)率いる麻生派為公会)だ。今年2月に甘利明衆議院議員ら5人を迎え入れたのをはじめ、同じ宮澤派→加藤派からの流れを持つ岸田派(岸田文雄外務大臣が会長)に合流のアプローチしている。一連の拡大活動は自民党の最大派閥細田派(安倍首相の出身派閥)に対抗する狙いがあるという。一部報道では麻生副総理は岸田派と合流して、細田派出身の安倍さんと共に「二大派閥のオーナー」として総理を決める地位(キングメーカー)を狙っている、ともされている*1

 自民党内の派閥で勢いがあるのが現職の総理を擁する最大派閥の細田派と、前述の麻生派だとすると、逆に落ち目は石原派、谷垣グループ、そして額賀派だろう。石原派は今年2月に派閥事務総長の平沢勝栄衆議院議員(7期・東京17区)が脱退し、谷垣グループは会長の谷垣禎一衆議院議員(12期・京都5区)が昨年自転車事故で入院すると、政府・党のポストが回ってこなくなり、今年3月に入って幹部の佐藤勉衆議院議員(7期・栃木4区)ら数人が麻生派に合流すると報じられた。

 額賀派は現在深刻な内紛を抱えている。報道等によると、現会長の額賀福志郎衆議院議員(11期・茨城2区)の求心力のなさから、かつて参院のドンといわれ今でも力を持つ派閥OBの青木幹雄参議院議員が、会長の座を竹下亘衆議院議員(6期・島根2区)に継がせたいと動き、一方の額賀会長は、それを阻止すべく派閥では外様ながら力のある茂木敏充衆議院議員(8期・栃木5区)に次期会長をチラつかせて延命を図っているという。

 人間関係的にいえば、もともと額賀派田中派から竹下登氏らが分離独立したグループで、時期会長と目される竹下亘氏は創業者の竹下登氏の弟であり、それをバックアップする有力OBの青木氏は竹下登氏の秘書・地元県議として30年以上にわたり仕えていた。青木氏としては派閥(平成研)は「竹下派」だという強い思いがあるのだろう。

 一方、現会長の額賀氏が頼りにする茂木氏はマッキンゼーから日本新党で政界入りし、自民入党後は経産大臣、党政調会長、党選対委員長と重量級のポストを歴任している。地元での選挙も強く、集金力もあり、安倍総理の信任も厚いが*2、とにかく毀誉褒貶(きよほうへん)のある人物で、「切れ者」と評判のある一方、記者や党職員・秘書をすぐ怒鳴る、下に厳しい、「徳がない」とも言われている。実績・能力共に派閥会長として十分ではあるが人柄に問題が……といったところだろうか。

 額賀派の力の源泉は参院のドンと言われたOBの青木氏にみられるよう、参議院にあり、現在も自民党参議院幹事長という実務を取り仕切るトップや、幹事長代行、国対委員長代行といった最前線の責任者も額賀派のポストになっている。茂木氏が会長になれば参議院のメンバーは派閥から離脱する*3吉田博美参院幹事長(参3期・長野選挙区)が茂木氏に宣言したともいわれており、額賀会長・茂木氏陣営は苦戦気味だ。

 ここにきて今日の産経新聞に、額賀派内で石破茂氏(衆10期・鳥取1区、石破派)との連携案が浮上しているという話*4がでてる。これは青木・竹下陣営としてはなかなか妙案で、ポスト安倍として石破氏を応援し、その次の総理候補として小渕優子氏(衆6期・群馬5区)を育てるというプランだ。派閥内を見渡すとポスト安倍になりうる人物は茂木氏しかいないが、それをパスして小渕優子氏の世代に飛ばすことができる。

 さて、茂木氏も極めて有能な人物であるから黙ってみているわけではないだろう。政局ウォッチャーとしては巻き返しのアクションに期待したい。

(参考)

www.sankei.com

*1:週刊新潮2017年2月23日号

*2:茂木氏は2015年に最も政治資金を集めた政治家(1億3085万円)である

*3:『選択』2月号

*4:記事によると合区になった参議院の島根・鳥取選挙区で青木幹雄氏の長男・青木一彦参議院議員(1期・額賀派)を鳥取1区選出の石破氏が積極的に応援したことがきっかけになっているという